Pocket

一般企業以上にブラックな話題が絶えない看護師。

しっかりと学校に通い専門的な知識や資格を取得したにも関わらず離職率が高いのにはどういった理由があるのでしょうか。

そこで今回は看護師のブラック企業あるあるならぬ「ブラック病院」あるあるについてまとめてみました。

現役の看護師さんはもし共感したら、お勤めの病院はやばいかも!?

 

ホワイト病院を探すなら転職エージェント(人材紹介)がおすすめ!
おすすめのエージェントをこちらの記事で紹介しています。

看護師の転職なら転職エージェント(人材紹介)!知らないと損するおすすめ10選!

 

 

 

看護師のブラックあるある

残業代が払われない

何かと予測不能な事態が起こりやすいこともあり、残業が当たり前になっている病院も多いようです。そして一般企業と同様、残業代が支払われない現状があります。

 

有給休暇が使えない

休みを取得するために代わりを見つけなければいけないなど、シフト制の職場は気軽に休むことが難しいことが多いようです。「病欠でも休みを取るのは気まずいのにましてや有給休暇などもっての外」そんな風潮がある病院も少なくありません。

 

休日出勤がある

看護師のブラックあるあるの定番として休日出勤があります。何かと緊急事態が起こりやすい職場であるため休日出勤を余儀無くされることもよくあるとか。

 

勉強会やセミナーの手当が出ない

勉強会やセミナーに参加するなど休日を返上して勉強をしなければならないことがあるのも看護師の大変なところです。しかも手当が無いなんてこともあるあるです。

 

夜勤明けの会議

シフトによっては夜勤明けに会議があるなど普通ではありえない過酷な長時間労働を強いられることがあります。

 

24時間労働

日本の法定労働時間は8時間ですが、場合によっては24時間を超えるような、一般企業ではありえない長時間労働も。

 

ナースセンターの雰囲気が悪い

ブラックな職場といえばギスギスした人間関係。女性社会の看護師では「お局さん」が君臨していることも多く、働きやすさはお局さんに気に入られるか次第なんてのも定番のあるあるです

 

パートやアルバイトの看護師が多い

経営が安定していないブラックな職場でありがちなのがパートやアルバイトが多い職場。労働環境が整備されていない、もしくは入れ替わりの激しさを感じますね。

 

明らかなパワハラがある

女性社会の看護師ではパワハラが横行していることもあるあるなようです。業務自体が大変な看護師では、先輩や上司からのいじめが発生しやすい環境にあるのかもしれません。

 

転職を希望してもなかなか辞めさせてもらえない

これも一般企業と同様の定番あるあるでしょう。辞めたい人を辞めさせないのは離職率が高く人手不足のブラック企業に必然的に求められる事なのかもしれません。

 

変なローカルルールがある

ブラックな職場は独自のルールをつくりがちです。そして、その独自のルールが社会の常識だと洗脳しようとしてきます。他の職場と見比べる目を持ちましょう。

 

掃除が行き届いていない

掃除をする余裕がない程人手が足りていないということです。人手不足はブラックな職場の最大の問題です。増員するための環境の整備や余裕のある経営を実現できている職場を探す努力も必要なのかもしれません。

 

看護師の身だしなみが整っていない

白衣がうす汚くなっていたり髪や化粧がきちんとされていない看護師が多いのはブラックの職場にありがちです。全員に余裕が無いことが一目瞭然ですね。

 

看護師の年齢層が偏っている

若い看護師ばかりの場合は体力的にきつく長続きしない傾向があります。逆に年配の看護師が多い場合は若い看護師に対するパワハラが横行している場合が多いようです。

 

 

看護師のブラック求人あるある

いつ見ても求人情報が出ている

ブラック企業でも定番のあるあるですが、看護師の求人でも同じようにいつ見ても求人を出している病院があります。離職者が絶えず常に人手が足りていないのでしょう。そういった職場が危険なのは想像できますよね。こういった求人に応募するのは絶対に避けましょう。

 

PR文が精神論ばかり

雇用条件や実際の働き方でアピールする所が無いと精神論になりがちです。実際には労働基準法を違反しているようなことでも言い方を変えて正当化しているような求人をよく目にします。また、院長や婦長が精神論好きなパターンも要注意です。

 

パート・アルバイトをたくさん募集している

正社員雇用を減らしてアルバイトを増やしているような職場は要注意です。経営が安定していないか、仕事やサービスの質よりも目先の利益を優先している可能性が高いです。そういった職場の場合、正当な手当が出なかったりボーナスがもらえなかったりと苦い思いをするかもしれません。

 

賞与の前年度実績が明記されていない

経営が悪化すると真っ先に切られるのが賞与です。多くの場合賞与は実績次第ということになっているので求人情報に賞与ありと書いてあったのに入社してみると賞与が出ない、といったケースはよくあります。前年度は何ヶ月分出ましたと明記してあれば安定して賞与が出ている可能性が高いのでそちらも要チェックです。

 

求人票の条件と面接で聞く実態がかけ離れている

求人票の内容と面接で聞いた詳しい内容が食い違っているのはブラック企業でよくあることかもしれません。正直に実態を書いても誰も応募して来ないので、嘘をつくというのは非常に悪質なことなので、内定通知をもらってもよく考えて入社することをお勧めします。

 

ベッド数に対して求人数が多い

病院ごとに必要な看護師の数は決められていますが、それに対して過剰に求人が多いのは離職者が多いことに他なりません。求人数が適切かどうかを判断する基準として頭に入れておくといいかもしれません。看護配置7対1、10対1という考え方について詳しくは下記の参考資料で紹介されているので確認してみてください。

(参考資料 http://www.nissoken.com/jyohoshi/ck/20181112mihon/CK282_1.pdf

 

「ホワイト病院」に転職する方法

ホワイト病院に転職を考えているなら専任のエージェントがフォローしてくれる転職エージェント(人材紹介)がおすすめです。求人を探してくれることはもちろん、エントリーシートや面接のフォロー、病院の雰囲気や先輩ナースの働き方を教えてくれるなど様々なサポートを無料で受けることができます。一人で悩まずに一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

ホワイト病院を探すなら転職エージェント(人材紹介)がおすすめ!
おすすめのエージェントをこちらの記事で紹介しています。

看護師の転職なら転職エージェント(人材紹介)!知らないと損するおすすめ10選!

 

 

無料で登録できる看護師限定の婚活マッチングサービス

ホワイトパートナーズ 

女性は看護師・看護学生のみが登録できる看護師のためのマッチングサービスです。職場の女性率が高く意外と出会いが少ない看護師さんのために、現役の看護師の声を元にスタートしたサービスです。男性は、上場企業・大手企業・外資企業・経営者・弁護士・会計士・税理士・公務員・年収700万円以上といったハイステータスな人しか登録ができないためマッチングの質が高いのも人気の理由です。

↓↓登録はこちらから↓↓


まとめ

ブラックな職種として定番になってしまっている看護師ですが、探せばホワイトな職場があることも事実です。現状がブラックだからといってそれが「普通」だと思い込まずに一度見直してみてはいかがでしょうか。せっかく取得した難関な資格を活かして快適なワークライフを得られることの手助けができれば、と願っています。

Pocket