Pocket

3つの代表的な転職方法とその特徴を、求人を出す会社側の目線からご紹介します。

 

転職方法を紹介するサイトはたくさんありますが、求人を出す会社側の目線に立って説明しているサイトにはあまり出会ったことがありません

実は求人を出す会社側の目線で考えると、どの求人方法にどんな求人が出ているのか自然と見えてきます。求人広告を作成する会社に勤めていた経験や人事担当として採用に携わった経験などを元に、求人を出す会社側の気持ちになってそれぞれの転職方法をご紹介します。

他のサイトではなかなか無い内容になっていますので、ぜひ最後までご覧になって今後の転職活動にお役立てください。

目次

代表的な転職方法とは?

1. ハローワークの特徴とは

2. 求人媒体の特徴とは

3. 転職エージェント(人材紹介)の特徴とは

まとめ

 

代表的な転職方法とは?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_l

1. ハローワーク(公共職業安定所)

2. 求人媒体

3. 転職エージェント(人材紹介)

 

転職する方法としては、主にこの3つがあります。

この3つの求人方法は全く異なる特徴をもっています。それぞれの転職方法を利用したことがあればどのようなサービスなのか知っている人も多いかと思います。

 

しかし、それぞれの方法で「どのような企業」が「どのような人材」を募集しているかを考えたことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

求人募集を行う企業はそれぞれの状況や事情によってこの3つの中から募集方法を選びます。
ということは、どの募集方法を採用しているかによって、その企業が抱えている事情が違うということです。
就職先を探すときに募集している会社がどんな会社なのか知りたいですよね。実はその大きなヒントが「どこで募集しているか」に隠されているのです。

このことを前提に求人募集を行う企業側の立場に立ってそれぞれの転職方法について以下で詳しく見ていきましょう。

1. ハローワークの特徴とは

ハローワークとは職業紹介事業のうち国が行なっている無料職業紹介事業です。雇用保険の手続き等で行く機会もあるので、転職経験があれば足を運んだことがある人も多いのではないでしょうか。

ハローワークのポイントは以下の3点です。

①採用コストが完全無料であること

②求人票か簡素で会社のアピールがしづらいこと

②ほぼ全ての会社が利用できること

 

①〜③のポイントからどのような会社がハローワークに求人を出すか考えてみましょう。

条件の悪い求人が長期間出続ける

まず①の無料であることから、一度出した求人は、採用が割った後も出しっぱなしになっている可能性が考えられます。通常の求人媒体などは掲載する期間によって金額が決まっているので出しっぱなしになることはありえませんがハローワークは無料なので取りあえず出し続けて、条件に合う人からの応募を待ち続ける戦略は常套手段でしょう。また、無料で出し続けてひたすら待つのであれば、私なら給料を低く設定するなど条件を落として悪い条件でも応募しれくれる人を待ちます

急いだ採用には向いていない

また②についてですがハローワークで求人票を検索したことがあればわかるかと思いますがとても探しづらいですよね。一般的な求人媒体ではキャッチフレーズや写真などが検索画面に出てきて何となく自分の求める求人を探しやすいようにできていますが、ハローワークは基本情報の一部がずらっと出てきて何が何だか。したがって求人を出したからといって応募がどれくらい来るのか、読むのが非常に難しいんですね。そうなると急いで人を採用しなければいけない場合などには向いていないということです。やっぱり取りあえず出して待つ戦略に向いているのです。

とんでもない会社が隠れているかも…

③について、一般的な求人媒体では媒体に掲載できるかどうかの審査があります。余談ですが例えばリクルートはその審査が厳しいのでマイナビには載せられてもリクナビには載せられない求人など存在します。ハローワークは国が運営している性質上、ほぼ全ての会社が利用できます。つまりとんでもない会社が隠れているかもしれません。

まとめると、ハローワークはあまり採用を急いでおらず、給料面などの条件を低くして採用したい状況に適していることがわかります。もちろん良い求人が無いわけではないので転職時にはハローワークに隠れた掘り出しもものを探すのも良いでしょう。

こちらの記事でさらに詳しくハローワークについて紹介してるので併せてご覧ください。
【転職方法の比較①】ハローワークの特徴と上手な利用方法

 

2. 求人媒体の特徴とは

求人媒体とはリクナビネクストやマイナビ転職、タウンワークなどのように求人表を閲覧して自分で応募するタイプのものの総称です。おそらく一番みなさんに馴染みが深いのがこの求人媒体ではないかと思います。

求人媒体のポイントは以下の3つです。

①募集から採用決定までのスピードが早い

②金をかければ目立てる

③一回の募集で何人でも採用できる

それでは①〜③のポイントからどのような会社が求人媒体に求人を出すか想考えてみましょう。

急いで採用したい場合に向いている

まずは①について。採用スピードが早いというのは、急いで採用しなければいけない会社にとってとてもメリットを感じるポイントです。では急いで採用しなければいけない状況とはどのような状況でしょうか。それは人が辞めた時です。求人には主に増員募集と欠員補充の2通りがあります。増員募集は新たに部署を立ち上げた時など業績が好調な場合が多いです。一方欠員補充は何らかの事情で人が辞めた時の募集となります。もちろんどんな優良企業でも人が辞めることはあるので、人が辞めるからといって悪いわけではないのですが、問題はその頻度です。求人媒体のページを閲覧するとよくわかりますが、同じ会社の求人がずっと出ていることがよくあります。そういう会社は常に人が辞めるブラック企業の可能性が高いので要注意です。

一度にたくさん採用したい場合に最適

次に②と③を合わせて見てみましょう。求人媒体の表示順や記事の大きさは金額によって変わります。つまりお金をかければかけるほど目立つので採用成功しやすいということです。また一回掲載すれば何人から応募を受けても料金は変わらないので大量に採用したい時にとても向いています。逆に言うと採用したい人数が一人の場合は採用コストが比較的大きくなってしまう危険性があります。ではお金をかけて目立たせて大量に採用したい状況ってどういう状況でしょうか。これもやはり、人がたくさん辞めて困っている状況なのです。

以上をまとめると、求人媒体は人がたくさん辞めてすぐにたくさん採用しなければならない状況に最も適した求人方法であることがわかります。

こちらの記事でさらに詳しく求人媒体について紹介してるので併せてご覧ください。
【転職方法の比較②】求人媒体の特徴とメリット・デメリット

 

3. 転職エージェント(人材紹介)の特徴とは

転職エージェントとは職業紹介事業のうち、有料職業紹介事業のことです。求人業界では人材紹介と表現することが多いですが、ネットでよく見かける表現として転職エージェントが多いので当サイトでも転職エージェントを中心に使っています。

転職エージェントのポイントは以下の2点です。

①成功報酬型の料金システムで一人当たりの採用コストが大きい

②求職者はエージェントが紹介した求人にしか応募できない。

それでは①、②のポイントからどのような会社が転職エージェントに求人を出すか考えてみましょう。

お金をかけてでもいい人を採用したい

まず①について、先に紹介した求人媒体が1掲載ごとに料金が発生するのに対して転職エージェントでは1採用ごとに料金が発生する成功報酬型の料金システムになっています。つまりどれだけの期間募集をしていても採用しない限り料金が発生しない一方で、一人採用すると大きな金額が発生します。転職エージェントの報酬金額の相場は年収の20〜30%といわれているので、年収400万円の人が転職する場合80〜120円の報酬金が発生します。中途採用の求人媒体は1掲載で10万〜くらいから掲載でき、うまくいけば何人も採用できるかもしれないので、採用コストは大きいといえます。しかし、採用成功時にしか料金がかからないのでじっくりと慎重に求人を行ってお金をかけてでも本当に採用したい人にこだわりたい場合に向いているといえます。

より相手のことをわかった上での採用・入社

転職エージェントはエージェントが会社と求職者の間に入って、それぞれの条件にあった求人を紹介してくれるシステムになっています。これだけ聞くと、エージェントに求人を紹介してもらえないと応募できないのでなんとなく選択肢が狭まるだけのイメージを持ちがちですが、このシステムによって求人の質が高いものになっています。転職エージェントで求人を行う会社は本当に欲しい人材を見つけることを望んでいます。その分採用ハードルは上がりますが、給与など待遇面もそれに見合ったものになります。そしてじっくりと時間をかけて探しているので、急いで採用しなければいけないようなネガティブな募集は必然的に少なくなります。また求職者にとってもエージェントが間に入ることによって会社のことを根掘り葉掘り聞くことができます。条件面はもちろんのこと社風や社内の雰囲気など本当に知りたいことを知った上で入社できます。逆に言うと社内の雰囲気などが悪い会社にとって転職エージェントはあまり向いてないとも考えられます

以上をまとめると、転職エージェントは採用を急いでおらずお金をかけてでも条件にあった人を採用したい状況に最も適した求人方法であることがわかります。

こちらの記事でさらに詳しく転職エージェントについて紹介してるので併せてご覧ください。
【転職方法の比較③】「転職エージェント(人材紹介)」とは?〜知名度が低い理由と仕組み〜

転職エージェント(人材紹介)を上手に利用するコツと働きながらの転職活動に向いているワケ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。それぞれの転職方法の特徴やどんな会社が求人を出すか少し見えてきたでしょうか。
本文をご覧頂いた方はお分かりかと思いますが、求人業界で働いた経験から転職エージェントをおすすめしています。当サイトではおすすめのエージェントも紹介していますので、そちらの記事も併せてご覧いただけますと幸いです。一人でも多くの方がブラック企業から脱してホワイト企業で健全な生活を遅れることを願っています。

「転職エージェント」オススメ4選!これだけは絶対に見逃せないおすすめの転職方法をご紹介します

転職エージェント(人材紹介)10選!それぞれの業界・職種に特化したサービスを提供する個性的なサイト

 

 

Pocket